作業服にはさまざまなデザインがあり、最近はアメリカンカジュアルやヨーロピアンテイストを取り入れた、ファッショナブルなデザインも人気になっています。そして、作業服のデザインにはカラーも欠かせませんので、さまざまなカラーバリエーションが登場しているのです。そのカラーバリエーションにはそれぞれが意味を持っています。

ブルーの作業服最も定番となっているカラーバリエーションといえばブルーでしょう。ブルーはインディゴジーンズの色として知られていますが、ジーンズは本来アメリカのゴールドラッシュで作業服として着られていたものです。この青いデニム生地が誕生した理由はさまざまですが、害虫やガラガラヘビから身を護るためとされています。そして、何よりインディゴは安く調達出来る染料だったという理由が大きいでしょう。これによってブルーの作業服のイメージが定着しました。さらにインディゴのように濃いブルーは汚れが目立たないというメリットもあります。

そのほかに作業服に多いカラーはグレーでしょう。グレーも汚れが目立ちにくいというメリットがあります。現場作業の汚れは洗濯しても落ちない汚れが多いため、グレーのようなカラーは重要なポイントなのです。

ブルーやグレーのような定番の作業服カラーもありますが、現在はそのほかにもさまざまなカラーバリエーションが登場しています。こちらでは豊富なカラーバリエーションについて解説しますので、現場に適したカラーを選びましょう。