一般的な作業着はブルーやグレーなどのカラーが選ばれていますが、これは汚れを目立たなくさせるというメリットがあります。しかし、作業服のカラーバリエーションの中には明るいカラーも見られますが、これにはどういった理由があるのでしょうか。

明るい色これは何より自分の存在を目立たせる効果があります。特に夜間の現場作業は暗いカラーでしたら周囲から目立ちませんので、事故を起こすこともあるのです。そして、冬場の雪の降る日は日中だったとしても視界が悪くなってしまうので、日中作業でも明るいカラーが選ばれています。さらに、高速道路など危険の伴う現場での作業は蛍光色など、より目立つカラーが選ばれることもあるのです。明るいカラーを選ぶ理由は、事故を防ぐためにあります。また、明るいカラーの作業服を着ることで企業のイメージをアピールすることも出来るため、企業ロゴを大きくプリントした作業服も少なくありません。

しかし、これだけメリットの多い明るいカラーですが、この明るさがデメリットになることも少なくありません。明るいカラーはどうしても視界に入ると気になってしまいます。そのため、作業中に気が散ってしまうというデメリットがあるのです。