白い作業服作業服にはさまざまなカラーバリエーションがありますが、中には白い作業服も見られます。これはどういった理由があるのでしょうか。何よりも白い作業服の特徴は汚れが目立ちやすいということです。そのため、衛生管理が求められる食品関係の工場などで着られています。そのほかにも自動車関係やOA機器などの精密機械の工場でも着られているでしょう。

作業服のカラーバリエーションはさまざまなメリットがあり、作業環境に適したカラーが選ばれていますが、そのほかにもカラーには意味があるのです。ブルーの作業服は定番となっていますが、ブルーには落ち着きを感じさせる効果があります。そのため、集中力が求められる作業に向いているでしょう。さらに、ブルーには真面目で冷静というイメージもありますので、お客さんに対して好印象を与えることも出来ます。

逆に赤系の作業服も見られますが、これには活動的な気持ちにさせる効果があります。積極的にコミュニケーションをとることが出来ますので、お客さんの要望を聞き取りながらの作業に向いているでしょう。さらに、赤は人の目を引きつける効果がありますので、緊張感を高める作業にも適しています。これらの効果も考えてカラーを選びましょう。

〈関連サイト〉ユニフォームタウン│かっこいい作業服通販