白い作業服が選ばれる場面

白い作業服作業服にはさまざまなカラーバリエーションがありますが、中には白い作業服も見られます。これはどういった理由があるのでしょうか。何よりも白い作業服の特徴は汚れが目立ちやすいということです。そのため、衛生管理が求められる食品関係の工場などで着られています。そのほかにも自動車関係やOA機器などの精密機械の工場でも着られているでしょう。

作業服のカラーバリエーションはさまざまなメリットがあり、作業環境に適したカラーが選ばれていますが、そのほかにもカラーには意味があるのです。ブルーの作業服は定番となっていますが、ブルーには落ち着きを感じさせる効果があります。そのため、集中力が求められる作業に向いているでしょう。さらに、ブルーには真面目で冷静というイメージもありますので、お客さんに対して好印象を与えることも出来ます。

逆に赤系の作業服も見られますが、これには活動的な気持ちにさせる効果があります。積極的にコミュニケーションをとることが出来ますので、お客さんの要望を聞き取りながらの作業に向いているでしょう。さらに、赤は人の目を引きつける効果がありますので、緊張感を高める作業にも適しています。これらの効果も考えてカラーを選びましょう。

〈関連サイト〉ユニフォームタウン│かっこいい作業服通販

明るい色を選ぶ理由

一般的な作業着はブルーやグレーなどのカラーが選ばれていますが、これは汚れを目立たなくさせるというメリットがあります。しかし、作業服のカラーバリエーションの中には明るいカラーも見られますが、これにはどういった理由があるのでしょうか。

明るい色これは何より自分の存在を目立たせる効果があります。特に夜間の現場作業は暗いカラーでしたら周囲から目立ちませんので、事故を起こすこともあるのです。そして、冬場の雪の降る日は日中だったとしても視界が悪くなってしまうので、日中作業でも明るいカラーが選ばれています。さらに、高速道路など危険の伴う現場での作業は蛍光色など、より目立つカラーが選ばれることもあるのです。明るいカラーを選ぶ理由は、事故を防ぐためにあります。また、明るいカラーの作業服を着ることで企業のイメージをアピールすることも出来るため、企業ロゴを大きくプリントした作業服も少なくありません。

しかし、これだけメリットの多い明るいカラーですが、この明るさがデメリットになることも少なくありません。明るいカラーはどうしても視界に入ると気になってしまいます。そのため、作業中に気が散ってしまうというデメリットがあるのです。

建築現場に多いグリーン

グリーンの作業服作業服にはさまざまなカラーバリエーションがありますが、グリーン系の作業服も見る機会が増えています。グリーンは森林や自然を感じさせるカラーリングですので、安心感を与えることが出来るのです。そのため、飲食店などでグリーンが選ばれることもありますが、そのほかに淡いグリーンが建築現場で使用されています。これにはどういった理由があるのでしょうか。

建築現場ではクレーン作業など危険も伴いますので、グリーンの作業服を着ることで自分の存在を周囲に知らせる効果があるのです。暗いカラーリングでは周囲に溶け込んでしまうため、存在に気づかずに事故が起こるケースも考えられます。そのため、作業現場では何よりも安全第一ですので淡いグリーンが選ばれているのです。

そして、近年は世界的にエコロジーが注目されているため、自然を連想させることからグリーンを選ぶこともあるのです。会社によってはエコロジーに関連した事業を行っていることもありますので、そういった会社ではグリーンの作業服が選ばれています。さらに、グリーンには涼しさや爽やかさのイメージを与えられるため、そういった理由でもグリーンの作業服を着ることもあるでしょう。事業内容に合わせて選んでください。

作業服のカラーリング

作業服にはさまざまなデザインがあり、最近はアメリカンカジュアルやヨーロピアンテイストを取り入れた、ファッショナブルなデザインも人気になっています。そして、作業服のデザインにはカラーも欠かせませんので、さまざまなカラーバリエーションが登場しているのです。そのカラーバリエーションにはそれぞれが意味を持っています。

ブルーの作業服最も定番となっているカラーバリエーションといえばブルーでしょう。ブルーはインディゴジーンズの色として知られていますが、ジーンズは本来アメリカのゴールドラッシュで作業服として着られていたものです。この青いデニム生地が誕生した理由はさまざまですが、害虫やガラガラヘビから身を護るためとされています。そして、何よりインディゴは安く調達出来る染料だったという理由が大きいでしょう。これによってブルーの作業服のイメージが定着しました。さらにインディゴのように濃いブルーは汚れが目立たないというメリットもあります。

そのほかに作業服に多いカラーはグレーでしょう。グレーも汚れが目立ちにくいというメリットがあります。現場作業の汚れは洗濯しても落ちない汚れが多いため、グレーのようなカラーは重要なポイントなのです。

ブルーやグレーのような定番の作業服カラーもありますが、現在はそのほかにもさまざまなカラーバリエーションが登場しています。こちらでは豊富なカラーバリエーションについて解説しますので、現場に適したカラーを選びましょう。